上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月11日の日曜日に都立産業貿易センター浜松町館で開催された、ボーカロイド中心「音楽&創作」総合フリーイベント『VOCALOID NETWORK』ボカネットにサークル参加しました。

都立産業貿易センター浜松町館のすぐ近くにある、ニューピア竹芝ノースタワーの駐車場が1日最大1,500円という自宅からの往復電車賃よりも安いことを知ったので、車で行くことにしていました。

当日の朝、8時半頃に出発し、コンビニへ寄ったり、スタバのドライブスルーへ寄ったりとしながら駐車場への入庫時間は10時12分でした。
歩いて数分で会場に到着し、サクサクッとブースの設営を完了して、まったりと開場時間を待つこととなりました。
テーブルクロスとかのことはポッカリ忘れていたので、以前、ボーマスに参加した時のものを使いまわして、なんとか格好はつきましたw

vocanet1
思っていたよりも一般参加者が会場前で待っているなぁと思っていたら、会場のフロアの半分は東方のイベント会場となっていて、しかもボカロイベントの会場の半分くらいが両イベント共用のコスプレゾーンとなっていることを後に知ることとなりました・・・

そして、11時半に開場。

vocanet2
両イベント共用のコスプレゾーンが見渡せる絶好の配置・・・
vocanet3
絶好の配置・・・
vocanet4
向かって左側が東方イベントの会場でした。

ぽつっ、ぽつっと一般入場者が現れて、最初にブースへ立ち寄ってくださった方は開場から5分ほど経過してからでした。
ナナミPの「フローリアの箱庭」のPOPに目を留めてから試聴する方がほとんどで、試聴された方々の9割が購入してくださるという感じで、ひたすらまったりとした雰囲気でイベントの時間は過ぎていきました。

ちなみに、今回は先着4名の方々に「とある動画の超編集砲」を差し上げました。
ナナミPと私が動画作りに注いだ力についての裏話が書かれています、という説明をする余裕が有ったのは、まったりとしたイベントだからこそと言えるでしょう。
CDの売上は6枚でしたが一般参加者が少ないだろうと予想してた割には、売れたかなというのが正直な感想です。
また、今回のイベントでナナミPの存在を知った方々がほとんどだったと思うので、参加した意味はあったと感じています。

拙作の「with the vocaloids」に興味を示してくれた方もいらして、不良在庫と化していた最後の1枚を持って行ったら、早い時間に見事に完売しましたw

優木きらさんに描いていただき、POPにも使用したリンちゃんのイラストに魅かれる方々ばかりで、ジャケ買い的な効果だったと思うのですが再販はしないのですかと仰ってくださった方もいらしたので、次回のイベント参加は何になるかわかりませんが5枚ほど重版してみようと思っていますw

今回のイベントでは、ボーマス18にナナミPとサークル参加した時の、完成度の高いGUMIコスをされたレイヤーさんに声をかけることができずに後悔の悔し涙を流したようなことは二度とするまいとの誓いを実行に移すべく、積極的に行動しました(本人比)

すぐ後ろのスペースでリンレンコスのお二人に「あとで写真をとらせてください」と書いた紙を見てもらい、撮影の許可をもらったり、当スペースの近くにいらしたリンコスの方にも「あとで写真をとらせてください」紙で許可をもらったりと、かなり頑張りました(本人比)

そして時刻は14時46分に近くなりました。
東日本大震災で亡くなられた方々の御冥福を祈る黙祷の全館放送があり、直前までコス撮影をしている人もいましたが、イベント会場は静寂につつまれることとなりました。

黙祷の後は早めに撤収作業に入り、イベント終了の15時には撤収作業が完了し、生きていることに感謝しつつもレイヤーさんの写真撮影モードに入る煩悩全開態勢に切り替わりました。

イベント終了直前に到着した「レンコスと言えばこの人」も交えて4名の方々を撮影させていただきました。
ありがとうございました。
人生初カメコを経験しましたw
(写真を送らせていただきたいので連絡をお持ちしています。レンコスと言えばこの人には、こちらから連絡しますw)

イベントの全体的な感想としては、サークル参加者も一般参加者も少なく、隣で東方イベントが開催されていなかったら寒いイベントとなっていたと思います。
サークル参加料が無料だからか分かりませんが、当スペースの右隣3サークルは欠席でした。
運営側もイベントのPRが足りなかったと言われても仕方のない状態だったと感じます。
しかし、無料ボカロイベントとしてスタートを切ったばかりですし、今後に期待したいと思います。

ボーマスの喧騒というか忙しなさというか、それとは異世界のまったりとしたイベントであったことは、参加してて気楽であったと言わざるを得ないというのは偽らざる感想です。

さて、次回のイベント参加は11月に行われる「鏡音ねいろ!」を考えています。
なんとか、自分の新作を作って参加できたら良いなぁと遠い目をしています。
プロフィール

lifewithmiku

Author:lifewithmiku
ボカロ界の片隅で動画編集や曲作りなどをしています

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。